山桃

ようやく沖縄らしい陽気になってきました 。さて、文化財の石垣を入ると、右に大きな樹があります。今、赤い実をつけたヤマモモが在ります 。

この樹は内地にも多く有り、街路樹としてもよく見かけると思います 。本来自然に生えるのは茨城、千葉、福井、京都以南、沖縄、中国で、山に自然に生え、果実の味が桃に似ていることから「やまもも(山桃)」と云っていました。

果実は日持ちしないので流通していませんが 、取り立ては生で食べる他、ジャムや果実酒などにします。ただ「おすの樹」と「めすの樹」(雌雄異株)があり、このふたつがないと実が成りません。

この樹皮はタンニンを含み、消炎作用があり、筋肉痛、腰痛の貼り薬に配合され、実は健胃、整腸、消化促進作用があります 。

花言葉は「教訓」、「ただひとりを愛する」ですネ!

Photo

This entry was posted in 植物. Bookmark the permalink.